アンドロメダ・ハイツ

アクセスカウンタ

zoom RSS soul alone

<<   作成日時 : 2015/10/23 16:27   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

DARYL HALL

画像


’93年のソロ3枚目。

ソロ2枚目の前作『THREE HEARTS IN THE HAPPY ENDING MACHINE』から7年。HALL & OATESのアルバム『CHANGE OF SEASON』からは3年となる。

『THREE HEARTS〜』がポップロックな作品だったのに対し、こちらはソウルサイドに針を振り切ったアルバム。


本作の制作は大雑把に二つのプロジェクトからなる。THE FAMILY STANDのV. JEFFREY SMITHとPETER LORDの二人が関わったものと、そしてMICHAEL PEDENによるもの。

まずはTHE FAMILY STANDについて。前述の二人に、本作でもバックヴォーカルとして参加しているSANDRA St. VICTORによる三人組ユニット。ニューヨークを拠点に活動。トータル・ブラック・ミュージックをクリエイトする才人集団。

一方のMICHAEL PEDENは’88年に結成されたTHE CHIMESの元メンバー。UKクラブシーンでは当時流行っていたグラウンド・ビートに接近した曲でヒットを飛ばしてもいた。

アルバムのミックスにはUKクラブシーンの重鎮ともいえるDAVID MORALESを起用。

つまり当時のDARYLは米国のニュー・ジャック・スウィングよりも、英国のグラウンド・ビートにアンテナが向いていた、ということになる。


冒頭の「POWER OF SEDUCTION」では重心の低いボトムの効いたリズムに、ARIF MARDINとJOE MARDINの親子がアレンジを担当したストリングスが絡む。久々のソロアルバムということで、期待と不安が入り雑じった状態でプレイボタンを押した。そして流れてきたこの曲を聴いて、期待を裏切らないどころか、またしても傑作を届けてくれたのだと確信した。シングルには美メロな「I'M IN A PHILLY MOOD」が選ばれた。この曲にはALAN GORRIEが作者に名を連ねている。しかし不思議なことに、本国アメリカではチャート的に大きなヒットとはならなかった。「BORDERLINE」からメドレー的に「STOP LOVING ME, STOP LOVING YOU」へと繋がっていく流れもいい。この「STOP LOVING〜」はMARVIN GAYEの曲をDARYLとSARA ALLENが手を加えてリメイクしたもの。「HELP ME FIND A WAY TO YOUR HEART」ではMARIAH CAREYとWALTER AFANASIEFFが作者に名を連ねている。




さてさて、今回このDARYLのソロを取り上げたのは他でもない、来日公演の記事を書きたかったからで、HALL & OATESのアルバムは以前全て記事に書いているから、まだ記事にしていないソロアルバムを取り上げた次第。



4年ぶりにHALL & OATESがここ日本に降臨。

10/14 大阪
10/16 名古屋
10/19 東京
10/21 東京


「MANEATER」からライブはスタート、「SHE'S GONE」「SARA SMILE」とこの2曲を続けて歌い、DARYLはギターからキーボードへまわって「DO WHAT YOU WANT, BE WHAT YOU ARE」を、そしてアンコールの最後は「PRIVATE EYES」で締めくくり。こうしてシングルヒットだけでライブを構成できるとは凄いことです。

ライブでの曲順は4年前の来日公演とそんなに大きく変っていない。ショーの流れはほぼ固定されているようだ。でも、どうせなら前半のほうで違う曲を歌って欲しいな。他にも聴きたい曲はたくさんあるのだし。DARYLもちょっと崩した感じで歌っている。歌い飽きちゃったのか。そういう意味でも違う曲を選曲してもらいたいものだ。


変ったことといえば、今回は入場の際に撮影OKのアナウンスがあったこと。海外ではもう普通のことだが、やっと日本でも解禁になったか。ということでスマホで数枚撮影しときました。

画像


画像


更に、今回はパンフ、Tシャツ、マグカップ、キーホルダー、トートバックと買いまくり。これまではそんなにグッズを買うことはなかったけど、なぜか今回は買ってしまいました。こういうのも結構楽しいものです。記念にもなりますし。


更に更に、19日の武道館はWOWOWで生放送。この録画はいい記念になるなぁ。あれ、アンコールは2回?名古屋公演では3回だったのに。



ということで、今回の来日公演も存分に楽しめました。彼等も日本を楽しんでくれてたらいいな。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
soul alone アンドロメダ・ハイツ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる