アンドロメダ・ハイツ

アクセスカウンタ

zoom RSS checkin' out the ghosts

<<   作成日時 : 2015/11/06 16:30   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

KIM CARNES

画像


なんといってもKIMの魅力はROD STEWERTばりのハスキー・ヴォイス。この強烈な個性はどんなタイプの曲を歌っても、それら全てを自分のものにしてしまう魔力を持つ。70年代から活動しているが、彼女について語られることといえば’81年に「BETTE DAVIES EYES」が9週間にもわたって全米No.1の座に居座るという大ヒットを記録したこと。このユニークな大ヒット曲を含むアルバム『MISTAKEN IDENTITY』も彼女にとって最大のヒット作となった。

画像



その後はなかなかヒットに恵まれることがなかった。ヒットに恵まれなかった理由として、カントリーへアプローチしてみたり、ヒットを狙うには疑問符がつくような曲をシングルカットしたり。カントリーやソウルへもアプローチできる許容の広さが、逆にイメージをぼやけさせるように影響していたようである。そんななかでも’85年に全米No.15のヒットを記録したシングル「CRAZY IN THE NIGHT」を含む『BARKING AT AIRPLANES』が、それなりのヒット作と呼べるのではないだろうか。

画像



そこから時を経て’91年に発表したのが本作。どうも本国アメリカと日本でのみ発売されたようである。このアルバムもヒットと呼ぶには更に程遠い結果となってしまっている。しかし内容的には決して駄作などという事は無く、このアルバムが多くの人の耳に届かなかったのは何とも残念でならない。

収録曲の中でも「INDEPENDENT GIRL」がキャッチーで一際目立っている。性急なビートを刻む打ち込みリズム、ディストーションがかかったギター、曲はスリリングに展開していき、KIMのヴォーカルはワイルドに迫って来る。この曲は日本でTVCFにも使われていた。他には名曲「YOU ARE EVERYTHING」をカヴァー。すっかり彼女の色に染め上げている。この曲と「RIVER OF MEMORIES」にはバック・ヴォーカルにDAVID LASLEYが参加。バック・ヴォーカルでいえば「HANGIN' BY A THREAD」「NOTHIN' BETTER THAN LOVE」「GET BUSY」の3曲にJOSEPH WILLIAMSが参加している。子供のために地球を救おうと歌う「LOOK THROUGH CHILDREN'S EYES」には聖歌隊のコーラスをフィーチャー。感動的な楽曲に仕上がっている。


個性的な魅惑のヴォーカルを存分に楽しむことが出来る。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
checkin' out the ghosts アンドロメダ・ハイツ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる