DIARY OF A MAD BAND

JODECI

画像


’93年の2枚目。

二組の兄弟で構成された4人組ヴォーカルグループ。

黒人男性ヴォーカルグループが乱立していた90年代に、頭一つ抜きん出ていたのがこのJODECI。その双璧をなす形で同期にBOYZ Ⅱ MENがいた。お互いが好敵手のような存在であったが、この2つのグループはまったく異なるスタイルを持っていた。

BOYZ Ⅱ MENがモータウンの様式美を正当に継承するグループであるなら、JODECIのほうはヒップホップ系アーティストとも言えるようなストリート系のファッションに身を包み、ライヴでのパフォーマンスの動きもバラバラときている。BOYZ Ⅱ MENが美しいヴォーカルハーモニーで聴かせるのに対し、こちらはK-Ci & JoJoという突出したリードヴォーカリストを擁する。更にはDeVante Swingという作曲からプロデュースまでをこなす、グループのまとめ役となる人物もいる。


全員が聖歌隊の出身というだけあって、ゴスペルにルーツを持ったその歌唱力は他の追従を許さない。アルバム前半はスロー~ミディアムな楽曲でまとめられ、じっくりと、ねっとりと、そしてしっとりと歌い上げられていく。アルバム後半にはアップナンバーを持ってきており、TimbalandやMissy Elliottがラップで客演した曲もある。



マッド・バンドを自称する90年代最強の男性ヴォーカルグループ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック